というわけで Macbook Pro を新調して、新しい環境構築をすることとなった。

旧MBPはたしかMac2代目?で、2010年から使っていて、はじめは port とか使ってたように思うし、MAMP とかもつかってたかもしれない。 そのうちに Homebrew が現れて、へー美味しいの?なんて使い始めて、へー rbenv ? なんていってrubyも突っ込んで。 そのうちに、あれPATHが通ってないとかgemが動かないとか。あーなんか整理できていないなーなんて思いながらも、 基本1つのプロダクトに集中して携わっていてworkしてるのでよしとしていた感があった。

一方で、 chef だったり puppet だったり serverspec だったり。 環境をコードで記述するっていうことが普通に行われるようになった今。 新しい愛機をセットアップするにあたっては、この環境をよりcleanでポータブルなものにしようと思ってしこしこやっているのでした。