• 2014/4/2 ansible-galaxyの推奨する仕様に修正 commit: c8058f3

ansibleでsshログインしたときにドラクエのキャラクターが表示されるplaybookを書いた。

ansible-motd-dq2

ネタ元はこちら

Get started

ansible-galaxy からは、

$ ansible-galaxy install massat.ansible-motd-dq2

でインストールでき、massat.ansible-motd-dq2のrole名で以下の感じで利用可能。

```yml example.yml - hosts: example roles: - { role: massat.ansible-motd-dq2, motd_dq2_figure: slime-beth }


```sh
$ ansible-playbook example.yml -i path/to/your-inventry

また、githubからcloneするとVagrantfileが同梱してるので、vagrantが入っていれば手元ですぐ確認ができる。

$ vagrant up
$ ansible-playbook example.yml -i example_inventry
$ ssh vagrant@127.0.0.1 -p 2222 -i ~/.vagrant.d/insecure_private_key

表示できるキャラクター

  • slime
  • slime-beth
  • metal-slime
  • bubble-slime
  • hagure-metal
  • slime-allstar
  • dq2-lorasia
  • dq2-samaltria
  • dq2-moonbrooke
  • dq2-allstar
  • dq2-allstar_half

キャラクターはplaybookの外部変数motd_dq2_figureで指定できる。デフォルトはslime

ローレシアの王子は

$ ansible-playbook example.yml -i example_inventry --extra-vars "motd_dq2_figure=dq2-lorasia"

で表示できる。