カンタンな文書を書くのに便利なmarkdown。 このブログもエントリはmarkdownで書いていて、今後もドキュメントはなるべくmarkdownにしたいなと。

んでRubyをさわってみたくて、試しにと思ってmarkdownからHTMLスライドを作るgemを書いた。

markdown_slider

markdown_slider

理想は GitHub Flavored Markdown ちっくに書けて、そっからイケてるスライドを生成できるツール。

なんだけど、完成度はまだまだ。

markdownパーサーには redcarpet、生成するHTMLはhtml5slidesをちょっといじったものを使ってる。

インストール

gemコマンドでインストール。

$ gem install markdown_slider

使いかた

markdownを書いて

プレゼンタイトル
=============

セクションタイトル
---------------

### スライドタイトル

あいうえお

### スライドタイトル

``` ruby
STDOUT.puts 'Hello, world!'
```

md-sliderコマンドでスライド化

$ md-slider path/to/markdown > path/to/slide.html

すると、JavascriptとCSSも一体になったHTMLができあがる。

上の例のmarkdownからスライド生成をすると、こちらのようになる。 ブログエントリをそのままスライドに!とはいかなくて、ブログエントリをそのまま md-slider するとこんな感じになってしまう。 ブログエントリそのままーの場合は、Jekyllのプラグインとかにしないとだめそう。

まとめ

そもそもはRubyが触りたかった。Perlでは苦しんだけど、Ruby結構すんなり書けた。 できあがるスライドがちょっと使い勝手悪いので、html5slidesじゃないガワにしようかなーと思っている。 てか、CSS/JS力が足りないだけか。そのうちガサッと変えちゃうかも。impress.jsとか?